海外サッカー移籍情報(2018/11/15)

海外サッカー移籍情報(2018/11/15)

皆さんこんばんは!

 

今回は11/15の海外サッカー移籍情報についてまとめていきたいと思います。

 

海外サッカー移籍情報

アルバがユベントスに移籍?

ユベントスはバルセロナとの契約が2020年に満了するジョルディ・アルバを諦めていないようです。

アルバはバルセロナのバルベルデ監督との関係が悪化しており、すぐにバルセロナを去ることになるかもしれません。

ユベントスはディフェンダーを強化しようとしており、左SBのスピナッツォーラが負傷で6ヶ月間ピッチを離れており、さらに前所属のアタランタでは4バックではなく、常に3-5-2のラインナップでプレーしていました。

また、現在レギュラーのアレックス・サンドロはマンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマンのターゲットとなっています。

さらに新契約においてユベントスとA・サンドロの要求している年俸が合っていないためA・サンドロの去就は不透明です。

 

ポグバがユベントス復帰?

ムンド・デポルトによると、マンチェスター・ユナイテッドに所属しているポール・ポグバの獲得レースにおいてユベントスがバルサをリードしているとのこと。

ユナイテッドはユベントスからポグバを獲得したが、マンチェスターで不安定・不幸せな時期を過ごしており、イタリアに戻ってくるかもしれないようです。

ポグバはモウリーニョ監督との関係が悪化しており、早ければ1月にも移籍するかもしれないらしいです。

 

デンベレ獲得レースにリバプールも参戦?

リバプールはバルセロナのウスマンヌ・デンベレを獲得するために1億€の入札を予定していると報道されました。

バルセロナに2年ほど前に入団したデンベレは夏にアーセナルが獲得を目指したが、十分な資金を調達することが出来ませんでした。

しかし、リバプールはデンベレ獲得のための資金を用意しており、今シーズン後半に向けて攻撃力強化するために1月に移籍させる準備を進めています。

 

スソがレアルからの興味の噂に反応

ミランに所属しており、今シーズン非常にポジティブなスタートを切っているスソに対してレアル・マドリードが獲得に興味を示しています。

スソ本人は「ミランでとても満足している。イタリアの文化はスペインの文化に非常に似ています。 ガットゥーゾ監督は我々にとって完璧な解決策です。」とミランでの充実感を示しました。

一方でレアル・マドリーについては「世界で最高のクラブが興味を持ってくれていることは名誉なことです。それは自分が仕事をきちんとこなしており、自分の価値を証明してくれています。」と述べています。

 

 

 

 

ここまで海外サッカーの移籍情報についてまとめてみました。