海外サッカー移籍情報(2018/11/20)

海外サッカー移籍情報(2018/11/20)

皆さんこんばんは!

 

今回は海外サッカー移籍情報(2018/11/20)についてまとめていきたいと思います。

 

海外サッカー移籍情報(2018/11/20)

ラツィオがミリンコビッチ・サヴィッチの放出を容認?

ラツィオ社長のクラウディオ・ロティートはミリンコビッチ・サヴィッチの売却を排除することをはできないようです。

「今日のサッカーでは、残りのキャリアを1つのクラブで終えるのは難しいですが、ラツィオではうまくいきます。選手たちはクラブに大きな愛情を示しています。」

「ミリンコビッチ・サヴィッチ?残念なことに、ラツィオはバルセロナとレアル・マドリードと同じ経済力を持っていません。オファーが拒否できないときは、問題に直面するでしょう。」

プリシッチ獲得のためにリバプールが破格のオファー?

クリスチャン・プリシッチは移籍市場で話題の存在で今年のボルシア・ドルトムントの成功に重要な役割を果たしました。

多くのトップクラブがこのアメリカ人スターに興味を示しており、特に英語圏のチームはこのウインガーを好んでいます。

ガーディアンによるとチェルシーが興味を示しており、デイリーメールはプリシッチのためにリバプールが5000万€+ファビーニョを提供する準備ができているようです。

「ピルロ2世」の移籍先はインテル?

サンドロ・トナリは、現時点で最も才能豊かなイタリア人の1人でロベルト・マンチーニも代表チームに招集している。

ジュゼッペ・マロッタの到着が近づているインテルを含めて多くのチームがこの有望な若手選手に興味を示しています。

元ユベントスのCEOであるマロッタは所属クラブのブレシアが2500万€の値段を付けたヤングスターの代理人の一人と良好な関係を築いています。

トナリが1月に移籍することは難しいですが、今冬に獲得して6ヶ月間はセリエBに残す方法を取る可能性はあります。

一方でユベントス・ACミラン・ローマ・チェルシーもこの選手に非常に興味を持っています。