海外サッカー移籍情報(2018/11/22)

海外サッカー移籍情報(2018/11/22)

皆さんこんばんは!

 

今回は海外サッカー移籍情報(2018/11/22)についてまとめていきたいと思います。

 

海外サッカー移籍情報(2018/11/22)

アヤックスの新星の移籍金は7000万€?

ミラー紙が報じたことによると、アヤックスはマンチェスター・シティとバルセロナが獲得を目指しているフレンキー・デ・ヨングに7,000万€の値段を付けています。

この21歳は同世代の中で最も才能のある人物であると考えられており、ユベントスのターゲットであるチームメイトのマタイス・デ・リフトと並んで、アヤックスの育成システムから生まれた新しいスーパースターです。

シティとバルサは時間の経過と共に増加する可能性が高いため、7500万€を支払うのが適切かどうか見定めなければならりません。

 

ウディネーゼMFを巡ってミラノダービーが勃発?

ACミランは現在FFPに関するUEFAの決定を待っていますが、レオナルドとマルディーニは今冬の移籍市場での動きを計画しています。

ミランはフラメンゴのパケタに加えて、少なくとも1人以上のMFをチームに加えようとしており、実際にレオナルドはウディネーゼのロドリゴ・デ・パウルを彼の獲得リストに追加しました。

また同選手はインテルも獲得を目指しているためデ・パウルがミラノダービーの対象となる可能性があります。

ウディネーゼは価格は交渉可能ですが、約3,000万€を求めると考えられています。

 

ミランがセビージャFWの獲得を画策?

ストライカーを探し続けるレオナルドは様々な国でいくつかの調査を実施しており、ミランはイブラヒモビッチの代わりにセビージャのベン・イェデルにも目を向けています。

このストライカーは今シーズン順調なシーズンを送っており、アーセナルを始めとして多数のクラブの関心を集めています。

ベン・イェデルはミラノでもフィットするでしょうが、今冬の最大のターゲットはイブラヒモビッチのため、1月よりも6月の獲得を目指しているはずです。